エコで起業!女社長の日常生活
エコロジーな製品を開発販売する株式会社エコノワ社長のブログ。『経営』『環境問題』『子育て(教育)』『旅』などシングルマザーでもある花緒理の日常生活です。
プロフィール

エコノワ社長

Author:エコノワ社長
2008年3月3日に創業した株式会社エコノワの代表:武藤花緒理(むとうかおり)です。 経営者の卵として、日々奮闘する傍ら、シングルマザーとして中学生の息子の教育や子育て(=親育ち!?)にも、日々奮闘中。 『経営』 『環境問題』 『子育て(教育)』 『旅(個人の趣味)』などについて、綴っています。

えこのわ本舗
エコノワ製品が購入できます。
サロン向けヘッドスパDVD
美容室向けのヘッドスパ講座DVDです。
エコシャンプー
プロの美容師も敏感肌の方も安心して使える、エコシャンプー。
太陽と大地のヘナ
プロにも大人気の100%天然ヘアカラー、ヘナ。
アーユルヴェーダ式ヘナハーブオイル
100%天然。インド古来の製法のヘアオイル。
頭皮の美容液
頭皮が元気になるヘアトニック。
エコ洗い
日本初!木の実(ソープナッツ)だけで出来たエコ洗剤。

カテゴリ
ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TFT


最近様々なメディアで取り上げられるNPO法人である。


TFTとは、

Table for twe(テーブルフォートゥー)international

という、日本のNPO法人である。



彼らの活動とは、社員食堂などのメニューの中にヘルシー(低カロリー)メニューを取り入れ、そのメニューに20円上乗せする。


その20円は、アフリカの貧困国(現在は、ウガンダ、ルワンダ、マラウィの三カ国)の子ども達の給食1食分に当てるというもの。


TFTは2007年2月に設立され、昨年当たりからメディアの多く取り上げられている。


私も以前、TVか雑誌か何かで何度か目にした記憶があったが、結局は20円寄付する団体だよね…


と、若干冷ややかな思いだった。



というのも、私は寄付でまかなわれる団体に対し、非常に疑問に思っていて、そのもやもやした気持ちは今だ払拭されずにいたからだった。



しかし、書店でこの本を目にした時、ふと手にとってしまったのだ。


“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実戦ガイド 「20円」で世界をつなぐ仕事
(2009/03/21)
小暮 真久

商品詳細を見る



購入してから1ヶ月以上本棚に並んでいたのを、今日一気に読み終えた。



この本は、この団体の紹介本だと思っていたが、表紙を良く見てみると…


“想い”と“頭脳”で稼ぐ 社会起業・実践ガイド


とある。



実は、これから私がやりたいことは≪社会起業≫である。



ただ、まだ何をやっていいのか分からない状態。


社会起業という言葉がなじみのある言葉になったのもここ数年のことで、社会起業家として成功した例はまだ日本にはあまりない。



彼もまだまだ道半ばではあるが、この本で私は社会起業家への“想い”が、間違いではなく、私が世の中や、ボランティアや、NPO法人やなんやに想っていた疑問やもやもやが一気に解消されたようだった。



というのも、彼は元マッキンゼー(世界最高レベルのコンサルタント会社)出身で、ビジネスの第一線に身を置いた経験者であり、その経験や知識を使った日本にまだ数少ない社会起業家であるから、本には私のもやもやを解消する答えがあったから。



NPO法人というと、日本では


≪無報酬のボランティア団体≫


というイメージがつきまとう。


これは、団体に所属する人の中にもそういう思いの人たちも多い。



しかし、海外ではガンガン利益を出すNPO法人がわんさか居る。


年収数千万をもらう人たちもいるくらいだ。


NPOとは、Non Profit Organaization(非営利団体)である。


非営利とは言え、株主がいないだけで、スタッフは給料をもらうわけである。


代表もしかり。


NPOと言っても、寄付だけでまかなっているわけではないことをご存知だろうか?



NPOだって、利益を出して良いのである。


ただ、その使い道が、株主への配当ではなく、また世の中に還元されるということである。


勿論、その法人の存在理由も株式会社とは志が違うことも多い。




先日ある方が、


『どんな商売であれ、人のために役立つ仕事をしているなら社会起業家である』


ということをおっしゃっていた。



私は社会起業を考える人間として、この言葉は的を射ていないと思った。



しかし、なぜそれが違うのかが分からないまま時を過ごしていた。


あるとき、社会起業家と通常の起業家の違いに気付いた。



社会起業家とは≪志を基に、世の中の仕組みを変えること≫である


…と。



だから、人の役に立つ商売をしている=社会起業家ではないのである。



その団体の活動により、≪世の中の仕組みが変わる≫ことが重要なのである。



まさにそのことがこの本にも書かれていた。




通常のNPOは、志は高くても、なかなか世の中の仕組みを変えるところまで思いも行かないし、思っていても今度は逆に≪志≫が邪魔をして、世の中から外れるだけで終わることが多い。



しかし、TFT代表の小暮氏はさすが元コンサルタント。


ロジカルに問題解決を実行に移し、さらに通常のビジネスと同じように、大企業と渡り合う。



彼はこれからこういったビジネススキルを持った社会起業家が世の中に必要だと言っている。




なんだか、何を書いているのか分からなくなってきたが、とにかくこれからは、志を実現するビジネススキルを持った人には明るい未来が待っている!ということ。




うぅ???ん、なんだかワクワクしてきたっ(* ̄∇ ̄*)



まだまだひよっ子社長の私にはビジネススキルと呼べるものはないのかもしれないが、これからは志を持ち、スキルを磨き、世の中の仕組みを変える何かを始めてみようと思う。




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。